のんびりとしたドイツでの生活、旅行や趣味のこと、
ありふれた日常を綴っています。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
捨てられない!
 今日は、新年最初のゴミの日。

私が住んでいるアパートでは、
7世帯で一つのゴミ箱を使っています。

ゴミ収集の日の朝、通りにゴミ箱を出しておけば
収集してくれる仕組み。

アパートによっては、1世帯で一つのゴミ箱を使っているところもあるよう。
大きなマンションになれば、ものすごく大きなゴミ箱を使っていたりもします。

私の知人は、1世帯で一つのゴミ箱で、
その大きさは、7世帯で一つのを使っている私たちのより少し小さい程度。

しかも、収集自体が2週間に1度。

収集前には、もうゴミ箱はパンパン。

そろそろ近くなった帰国を前に、
ボチボチ要らない物を捨てて行こうと思っていたけど、
通常のゴミだけでいっぱいいっぱいになってるので
とてもじゃないけど、捨てられませんでした・・・

以前の引っ越しの際も、最後の最後までゴミが出て、
隣の棟のゴミ箱にまで捨ててきたので、
今回はそうはならないようにしないと・・・

やっぱり、普段から少しずつ処分しておかないとダメですね。

| 19:56 | 日々のこと | comments(0) | - |
☆クリスマス休暇☆つづき。
 シリアラインでストクホルムに到着。
ホテルに荷物を置いて、早速目指したのは・・・



Gustavsberg(グルタフスベリ)。
スウェーデンを代表する陶磁器メーカー。
この地名がそのままブランド名になってます。

Gustavsberg Centerには、工場、博物館、アウトレットがあり、
Gustavsberg以外のアウトレットもあります。

今回の旅行の最大の目的でもあった(私の。)アウトレットで
テンションがあがってしまったのか、
派手に滑ってこけて、太ももに直径7,8cmのあざができました・・・

年末にも関わらず、買い物に来ていた人も結構いたけど、
幸い誰にも目撃されずにすんだのがせめてもの救いです。

こちらでもお皿数点を購入。
誘惑が多い中、自分でもよく耐えた方だと思います。



ストックホルムの旧市街、ガムラ・スタン。
商業主義に走らず、高い理想を持って造り上げられた街。



午後3時でこの暗さ。
太陽が出た時に、存分に太陽を浴びようという気持ちも理解できますよね。

ガムラ・スタンで一番細い通り。
最も狭いところでは、90cmほど。

雰囲気ありますね。




セルゲル広場。
ストックホルムの中心となる広場。
日本のどこかに、こんな場所ありそう。





ストックホルムの地下鉄の駅には、
コンクリートを吹き付けて作られた壁面に、コンペで勝った
芸術家の壁画や彫刻が施されています。

残念ながら、私たちが観たのはこれだけ。
日本人彫刻家の方作の駅もあるらしいです。




教会、市庁舎、国会議事堂。
立派な建造物ばかり。
結局どれにも入ってませんが。



やっぱり私の目は、かわいいお店に向いてしまうんです・・・


大みそか、あてもなくブラブラしました。
2,3時くらいにはだいだいのお店が閉まり始めます。
夕方まで開いてるところもあったので、特に決まりはないようです。

夕方ホテルに帰り、紅白鑑賞。
大みそかはすることがないと思い、日本のテレビが見られるホテルを予約したんです。
ん〜、いまいち盛り上がりに欠けたかな(気持ち的に)。
知らない人、歌が多いせい!?

ちょうど紅白が終わるころに、花火の音が聞こえ始めたので、
外を見てみると、あんなに閑散としていた通りに人が!

私たちも慌てて外に出て、カウントダウンを待ちます。
ゼクトを忘れたのが、残念だったなぁ・・・



年越しの瞬間よりずい分前から、周辺で花火をあげている人が多かったので、
なんかまどわされた感じで、気がついたら2010年に・・・
茫然としている間に年越しちゃいました。


最後に、念願の北欧に行けてほんと良かった〜

これからも、ストックホルムは私の”憧れ”であり続けるでしょう。


| 19:50 | 旅行 | comments(0) | - |
☆クリスマス休暇☆
 遅くなりましたが、あけましておめでとうございます
なんとなく休みボケを引きずったまま、気づいたらもう5日。
モードを切り替え、切り替えっと・・・


通常より長かったクリスマス休暇。
24、25日はのんびり過ごし、26日は4時起きで北欧に行ってきました
それも、オーロラ観測に行ったわけでもなく、普通の観光&shopping目的で
なかなか極寒の北欧に行く人もいないと思うんですが・・・



まず向かったのは、フィンランド、ヘルシンキ。
万全の防寒でのぞんだんですが、やっぱり寒かった〜
雪の中に佇む白亜の大聖堂、素敵ですね



到着した日は適当に街をブラブラ。
電車、バスの共通2日券を買ったので、ちょっとの移動でも乗っちゃいます。




2日目は、私のヘルシンキでの一番の楽しみ、アラビアへ。



行きの電車でも日本からと思われる女性3人組みと一緒になり、
ショップでもツアー旅行だと思われる日本人がいっぱい。
やっぱり人気あるんですねぇ。




こちらは博物館。
歴代のデザインのものが展示されています。

ittalaグループなので、ショップでittalaの物も買えるのがいいですね。

買い物欲がフツフツ沸き起こるのを必死におさえ(まだまだ序盤だし)、
グラス数点とお皿をGet!



ウスペンスキー寺院(左)


その後、スオメンリンナ島へ。
フィンランドの南海岸を守る要塞とし防壁が張り巡らされた島。
今は、博物館や教会が点在する公園で、世界遺産。



島へ渡るこのボートも、電車、バス共通券で乗れるからお得〜。






こんなに厳しい寒さじゃなければ、もっと時間をかけて歩きたいところだけど、
とにかく凍えそうなほど寒くて、早々に帰ってきました・・・




暖をとるために入ったカフェ、Kappeli。
レストランに併設されたカフェで、レストランの方は1831年創業の老舗。
チーズケーキがめちゃくちゃおいしかったけど、お値段が高かったので
我慢して2人で一つ。



最終日は、市場とアンティークショップ巡り。



↑Hietalahden Kauppahalli
ヘルシンキ最大のアンティーク市。
年末で閉まってるところも多かったのが残念・・・

最後に行った、アンティークショップではアラビアが山積みだった〜。
しかも、無造作に。
北欧アンティーク好きには宝の山だわ。
バイヤーの人って、こういう所に買い付けに行くのかな。


明日からはストックホルム。
心躍らせ私たちが向かったのは、空港・・・ではなく、港。



ヘルシンキ〜ストックホルム間を結ぶ、シリアライン社のセレナーデ号。
17時に出港し、翌朝9時半に到着します。



船内とは思えない、プロムナード。
カフェ、レストラン、ショップが立ち並びます。

そのほか、サウナ、プール、カジノ、バーなどがあり
一泊だけではもったいない・・・
とは言いながら、2泊すると経済的に厳しいんですが

船内の免税店はもちろん、ショップでも免税なので
結局、ムーミンのマグカップ、買ってしまいました。
一旦は我慢したんですけどね・・・


ストックホルムの旅行記は、また次回に・・・


| 19:12 | 旅行 | comments(2) | - |
made in Germany
 ドイツに来てから、初めて知ったドイツ製のもの。

その中の一つ、STABLO。



学生の時に使っていて
ドイツで売ってるのを見て、懐かしくなったりしました。

これは通常の物より短いミニサイズ。
手にもジャストサイズで、なんかかわいい。
単色では売られていなくて、ついつい18色入りを買ってしまいました・・・

絵を描くわけでもないのに、24色の色鉛筆がズラ〜っと揃ってるのを
見ると、なんだかワクワクしてしまったりするんです。

これで楽しく勉強できるかなぁ・・・!?
| 16:53 | お気に入り♪ | comments(0) | - |
凍えそうになりながら・・・
 

週末、今年一番の冷え込みのなか、
最後のクリスマスマルクトへ出かけました。

この日の気温、なんと−10度を下回っていました。
車の温度計によると、−13度くらい
こんなに寒いのは、初めて!





屋根もうっすら雪化粧。

こんなに寒いのに、人の多いこと。
クリスマス前の最後の週末だけあって、
寒さなんか関係ないんでしょうか・・・

人ごみにまぎれている時は、寒さは軽減するんですが
足先が感覚がなくなるくらい冷え切ってしまうので
すぐ建物に入っては、暖をとっていました。




これできっと見納めです・・・
あ〜、寂しい・・・





| 21:28 | 日々のこと | comments(4) | - |