のんびりとしたドイツでの生活、旅行や趣味のこと、
ありふれた日常を綴っています。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
☆クリスマス休暇☆つづき。
 シリアラインでストクホルムに到着。
ホテルに荷物を置いて、早速目指したのは・・・



Gustavsberg(グルタフスベリ)。
スウェーデンを代表する陶磁器メーカー。
この地名がそのままブランド名になってます。

Gustavsberg Centerには、工場、博物館、アウトレットがあり、
Gustavsberg以外のアウトレットもあります。

今回の旅行の最大の目的でもあった(私の。)アウトレットで
テンションがあがってしまったのか、
派手に滑ってこけて、太ももに直径7,8cmのあざができました・・・

年末にも関わらず、買い物に来ていた人も結構いたけど、
幸い誰にも目撃されずにすんだのがせめてもの救いです。

こちらでもお皿数点を購入。
誘惑が多い中、自分でもよく耐えた方だと思います。



ストックホルムの旧市街、ガムラ・スタン。
商業主義に走らず、高い理想を持って造り上げられた街。



午後3時でこの暗さ。
太陽が出た時に、存分に太陽を浴びようという気持ちも理解できますよね。

ガムラ・スタンで一番細い通り。
最も狭いところでは、90cmほど。

雰囲気ありますね。




セルゲル広場。
ストックホルムの中心となる広場。
日本のどこかに、こんな場所ありそう。





ストックホルムの地下鉄の駅には、
コンクリートを吹き付けて作られた壁面に、コンペで勝った
芸術家の壁画や彫刻が施されています。

残念ながら、私たちが観たのはこれだけ。
日本人彫刻家の方作の駅もあるらしいです。




教会、市庁舎、国会議事堂。
立派な建造物ばかり。
結局どれにも入ってませんが。



やっぱり私の目は、かわいいお店に向いてしまうんです・・・


大みそか、あてもなくブラブラしました。
2,3時くらいにはだいだいのお店が閉まり始めます。
夕方まで開いてるところもあったので、特に決まりはないようです。

夕方ホテルに帰り、紅白鑑賞。
大みそかはすることがないと思い、日本のテレビが見られるホテルを予約したんです。
ん〜、いまいち盛り上がりに欠けたかな(気持ち的に)。
知らない人、歌が多いせい!?

ちょうど紅白が終わるころに、花火の音が聞こえ始めたので、
外を見てみると、あんなに閑散としていた通りに人が!

私たちも慌てて外に出て、カウントダウンを待ちます。
ゼクトを忘れたのが、残念だったなぁ・・・



年越しの瞬間よりずい分前から、周辺で花火をあげている人が多かったので、
なんかまどわされた感じで、気がついたら2010年に・・・
茫然としている間に年越しちゃいました。


最後に、念願の北欧に行けてほんと良かった〜

これからも、ストックホルムは私の”憧れ”であり続けるでしょう。


| 19:50 | 旅行 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| | - | - | - |