のんびりとしたドイツでの生活、旅行や趣味のこと、
ありふれた日常を綴っています。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
メルヘンな世界
 日曜日、寒かったにも関わらず、またまたクリスマスマルクトのはしごをしました。



日本からも大人気のRothenburg(ローテンブルグ)。
4度目になりますが、クリスマスシーズンに来るのは初めて



市庁舎前の広場がメイン会場だと思うんですが、
マルクト(屋台みたいなもの!?)自体が少なく
スペース的に余裕があるので、見やすかったです。

場所によっては、所狭しと並んでいて
人とすれ違うのも一苦労っていうところも多いので。


クリスマスマルクトよりも、違う物に目がいってしまってました・・・




レストランやホテル、お店の看板です。
Rothenburgのものは特に凝ってるような感じがします。




そうそう、ここで初めて発見したもの↓



つり下げられた、マスタードとケチャップ。
クリスマスマルクトでみんながよく食べる物と言えば
パンに焼きソーセージをはさんだBratwurst。

それに自分でマスタードかケチャップをつけます。

Rothenburgでは、他の食べ物があまりなかったような気がします・・・



次に向かったのは、Bad Wimpfen。
Wikipediaによると、ドイツで最もシルエットが美しい街だそうです。

街に向かう道は大渋滞
こんな渋滞、サッカーの試合の時以来かも・・・


全くと言っていいほど、予備知識がなかったからでしょうか。
言葉では言い表せないほど感動〜





ちょうど暗くなってから到着したのも良かったのかもしれませんが、
これぞドイツのクリスマスって感じです
メルヘンチック〜

小さい街なので、街全体がクリスマスなんです。

一歩足を踏み入れると、夢の世界というか絵本の世界というか、
現実から迷い込んだみたい。

クリスマスの時期じゃなくても、
木組みの家が残る、中世の街並みが素敵なんでしょうね。

今度は、のんびり散策してみたいです
| 18:35 | ちょっとおでかけ | comments(0) | - |
クリスマスマルクト&贅沢dinner
 土曜日、朝起きるとうっすら雪が
今年初です。



なぜか雪が降ると、テンションがあがる夫
確かに、今年は暖かい日が多くて
あんまり冬って感じしなかったけどね。

たくさん着こんで、お出かけ〜。



ドイツ語の先生おススメ、
Michelstadt(ミヒェルシュタット)のクリスマスマルクトに行ってきました

小さい街なのに、バスツアーが押し寄せるほどの人気で
たくさんの人でした。




私たちは、比較的早い時間に到着しましたが、
帰る頃にはさらに多くの人が。

午後からのんびり来て
ライトアップされたマルクトを楽しむんですね、きっと。

帰り際にホットアップルワインを飲んで
体はポカポカ。

次に向かったのは
大都市、フランクフルトです。



3度目なのに
改めて、この都会っぷりに興奮。
ドイツじゃないみたい〜。



フランクフルトに立ち寄った、理由・・・
それは、ご馳走を食べること。
もちろん、私たちにとってご馳走とは日本食。

事前にリサーチした鉄板焼き。
開店と同時に行ったおかげで、予約なしで大丈夫でした

贅沢にもデザートまでいただいて・・・


おいしい物食べるって、幸せ〜




| 19:12 | ちょっとおでかけ | comments(0) | - |
同期会in Genf

2度目の同期会が実現しました。

ドイツ、イタリア、フランスからスイスのジュネーブに集合。
残念ながらイタリアの同期は、お子さんの体調不良により欠席。
二家族での同期会となりました。





久しぶりの都会に、ドキドキしてしまいました〜。
きちんとした服装の人が多く、リッチな感じの人もたくさん。
逆に、貧しい人も多そうだったので、極端に差があるんでしょうね。



特にこれと言って観たいものがあるわけではなかったので、
適当にぶらぶら〜。
目抜き通りには、高級ブランドや時計店、デパートが軒を連ねます。

ジュネーブはフランス語圏なので、フランス語表記の物が
すべておしゃれで素敵に見えてしまいます


適当にぶらぶらしていたら、すぐに日が暮れてしまって・・・
長旅の疲れもあったので、早めにホテルに帰って夕食


次の日は、私たちのわがままでフランスの事務所がある街へ
連れて行ってもらいました。




同期の方のマンションの目の前が湖で、
湖の向こうには山々が連なり、こんないい環境のところに
住めたらどんなに幸せなことかぁ・・・
(ついつい比べてしまう・・・)



湖沿いに15分ほど歩くと、旧市街です。
マルシェが出ていたので、たくさんの人でにぎわっていました。

こんなに素敵なところに住めたら、毎日散歩しちゃいそう。


同期の方のお子さんは、嫌がることなく楽しそうに
毎日現地校に通ってるのだそう。

フランス滞在4カ月にして、もうフランス語の発音だったもんなぁ・・・
子供の柔軟性はすごい!


ここでの生活には憧れるけど、フランス語・・・出来る気、全くしません・・・

| 21:55 | ちょっとおでかけ | comments(0) | - |
またもやアルザスへ。

お天気のいい土曜日、お昼近くになって
思い立ってお出かけ〜

行先は、またまたアルザスなのですが
一口にアルザスと言っても、ストラスブールのような大きな街の
他に、小さなかわいらしい街が点在しているのです。

我が家の10年前のガイドブックには大した情報がないのですが、
それだけを頼りに、なんとな〜くRiquewihr(リクヴィル)という街へ。




本当に小さいけれど、観光客の賑わう
素敵な街

夫の要望で、アルザス料理のベッコフを探し求めて
レストランに入ったのですが、残念ながら食べることができませんでした・・・



忘れずにアルザスワインは買ってきました



街のすぐ周辺はワイン畑。
左の写真の奥に写ってるんですが、見えますか?

本当はもっとのんびりしたかったんですが、
次に行くところがあったので、早々街をあとにしました。



オー・クニクスブール城。
こんな山の頂によく建てたなぁと、毎回感心してしまいます。

駐車場からは、徒歩で行くしかありません
15分も歩けば、着いたと思います。



造りがなんとも不思議で。




お城と言っても、城塞なので
そんなに煌びやかさはないです。



この眺めの良さ!
周りに山も建物もないので、大パノラマが広がっています。

もっと早起きして、ゆっくり来たかった〜



| 19:41 | ちょっとおでかけ | comments(0) | - |
ポップアートと世界一の塔
 お天気のいい週末、Ulmという街に行ってきました。



Keith Haring展が開催中だったからです。
完全に夫の趣味ですが・・・
エイズ発症後に書かれたと思われる作品には
強いメッセージ性を感じ、衝撃的でもありました。

Ulmと言えば、有名なのが
世界一高い尖塔を持つ大聖堂。

高さは約161m。
140m付近まではらせん階段で登れます。

冬に来た時、階段が凍っていて
登れなかったので、リベンジです。


階段数、約760段。
辛かった〜・・・



晴れて、澄みきっているとアルプスまで見えるらしいのですが、
この日は少しもやがかかっていました。



大聖堂周辺はモダンな建物も多く近代的な印象ですが、
古〜い街並みもちゃんと残っています。



木組みの家。
いかにもドイツって感じです。
| 19:55 | ちょっとおでかけ | comments(0) | - |